2001-04-02 Mon

[別の年の同じ日: 2002 2003 2005 2006 2007 2008 2010 2011 2013

SDL-1.2.0 はてぶ

本家 Spec File と Kondara のものはほとんど同じだったので、
version と Release を書き換えて rebuild。

SDL_imageがlibSDL-1.1.so.oが必要というので、リンクを張っておく。
smpeg,smjpeg等もrebuildしておく。

これで、smpeg-xmmsがまともになった。

電源を切る はてぶ

シャットダウン時、手動で電源を切るのがめんどうなので、自動的に切れるよ
うにする。

/etc/rc.d/init.d/haltの

command="halt"

commnd="halt -p"
と書き換える。

DRIを有効にする。 はてぶ

Tux Racerが妙に重かったので調べてみると、DRIが有効になっていないみたい。

- DRIユーザーガイド
  http://xjman.dsl.gr.jp/xf86_4/DRI.html
を見てみるが Matrox G400 の設定はのっていなかった.

- DRI project on SourceForge.net
  http://dri.sourceforge.net
こちらには、G400の情報ものっていたのでこれを参考に
XF86Configを書き換える。

これでDRIが有効になり、Tux Racerもなめらかに動くようになったし、xmmsの
OpenGL Spectrum Analyzerもすごい速さで動作するようになった。